2017年05月05日

おいしいお蕎麦とお酒でちょい呑み、楽しみたい。北加賀屋にある手打蕎麦と一品料理 わか草

蕎麦屋でちょい飲み、というのが粋なお酒の飲み方のような気がしていて
ひとりでもちょいと一杯やりたいことがあります。
でも、そんな大人な飲み方はなかなか出来ずじまいの日々。

妹が以前から気にっていてずっと行きたいと言っていたお蕎麦屋さんに行ってきました。
手打蕎麦と一品料理 わか草というお店。
落ち着いた雰囲気でいい感じでした。

私はまずは生ビールを注文。突き出しに揚げたお蕎麦。カリッとしておいしかったです。わか草 生中.jpg

まず最初に注文したのが、豆腐サラダ
わか草 豆腐サラダ.jpg

豆腐サラダ、小鉢に分けました。みょうがと海苔、豆腐のバランスが絶妙でした。
大好きなみょうがをこんな風にいただけたことに感激です。自分でも作ってみようって思いました。
若草 豆腐サラダ小皿に.jpg


私は、ざる蕎麦と明太子ご飯をいただきました。生湯葉もおいしかった〜。
ざる蕎麦と明太子ご飯.jpg

妹はあったかいお蕎麦と鶏そぼろご飯を食べました。
鶏そぼろご飯とあたたかいお蕎麦.jpg

お店の方がとても気さくな方で、少しお話もできて楽しかったです。
もとは懐石料理のお店を営んでおられたということで、お蕎麦以外のお料理もとてもおいしそうでした。近いうちにまた行ってみたいと思います。
その時は、またブログアップしますね。
あ、そうそう、豆腐サラダ。めちゃおいしかったので翌日家でも作ってみました。それもブログアップします。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加中です。
ポチッとよろしくお願いします。
posted by チャオ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

手作り感味わえるごませんべい アーモンドや玄米の食感とのバランスが絶妙

ごまをふんだんにつかったごませんべい、食べたいと思いませんか?
オススメのごませんべいがあります。ネットで買えます。

ごま油で有名なかどや
かどや厳選のごま100%使用のごませんべいが、通信販売のお客様限定商品の胡麻黒丸・胡麻白丸詰合せとして誕生しました。
白ごまと黒ごまをふんだんに使った、そのごませんべいの詰め合わせのモニターをさせていただきました。
かどや 胡麻せんべい 詰め合わせ.jpg

送られてきた白ごませんべいと黒ごませんべいの詰めあわせ。
最初このせんべいを見た時は、まさに黒ごま、白ごまそのものって感じで、おいしいのかな? と半信半疑でした。あまりにもごまそのもので、インパクトありすぎでした。おいしいのかな? と思ってしまう色合いで、
1枚がけっこう大きいので、食べきれるかな、と思いましたが、一口食べてみて半信半疑な感情は吹っ飛びました。味わい深い食感です。アーモンドや玄米、大豆が絶妙なバランスで味わえます。なるほど、これは、ハマるかも。

かどや 胡麻せんべい 箱の中身.jpg

なるほどこれは、飽きのこないおいしさです。白ごませんべい,黒ごませんべいを1まいずつ、そう、2枚ともあっという間に食べてしまいました。
ビジュアル的には、ゴマごましている、ゴマだらけ、という印象を感じなくはないのですが、食べていくにつれ飽きのこない美味しい味であることがじんわりと伝わってきます。
緑茶はもちろん、コーヒーともよく合います。それというのも、アーモンドや大豆、玄米が絶妙なるバランスで手作りされているからかもしれません。
おいしさの秘密は、この3つ。
絶妙な煎り加減・・熟練の技で胡麻のうま味と香りを最大限に引き立てています。
ひとつひとつ丁寧に手作り・・熊本の老舗のお菓子屋さんが丹精込めて作っています。
胡麻と相性のいい天然食材のバランスが絶妙・・煎りあげた大豆とアーモンド、玄米パフを熱々の水飴にからめておいしい胡麻せんべいに。

白ごまの胡麻白丸
かどや 胡麻せんべい 白ごま.jpg

黒ごまの胡麻黒丸
かどや 胡麻せんべい 黒ごま.jpg
どちらもおいしいですが、私は白ごまの胡麻白丸の方を気に入りました。
このごませんべいを食べてみたいと思われた方は>>ごま一筋150余年。老舗かどやの手造り胡麻せんべい



近所に住んでいる妹にも1枚ずつあげると、「おいしい!」と感激していました。
職場のお友達にもおすそ分けしました。お弁当を食べた後のコーヒータイムにと配りました。おいしいと感激していました。コーヒーにもとても合うと喜ばれました。12枚入りなので配りがいもあります。食べごたえもあってお得な気がしました。

自分用はもちろん、贈答用としても喜ばれるかもしれません。
このようにして送られてきます。
かどや 胡麻せんべい 箱.jpg

見た目で判断すると、おいしそうに見えないかもしれませんが、ひとくち食べた後に、
じんわりとおいしさを感じてきます。おすそ分けした友人たちも、くちぐちに「これいけるね」「おいしいわ」と言っていました。

このごませんべいが誕生したきっかけは、お客様の声だったそうです。
かどやさんの美味しいごまを作ったお菓子が食べたい、という想いにこたえて誕生したのがこのごませんべいだということです。なるほど、期待にこたえてくれたということですね。

かどや通信販売のお客様限定商品の胡麻黒丸・胡麻白丸詰合せ
各6枚 12枚入りで1,560円(税抜)
このお得な12枚セット、お友達におすそ分けも出来ます。贈答用としても喜ばれそう。
購入はこちらから>>ごま一筋150余年。老舗かどやの手造り胡麻せんべい





posted by チャオ at 00:39| Comment(0) | せんべい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

カステラの切り落とし、ときどき無性に食べたくなる。究極のザラメカステラのお得情報

短大の時、とあるカステラ屋さんでバイトしていました。
お店の販売がほとんどですが、ときどき工場にも出向くことがありました。
あのなんともいえない甘くておいしそうなにおいは、今も忘れられません。
お店で販売していたカステラの切り落としは、いつも人気ですぐに売り切れてしまいました。
バイトをしながら、私も買いたいな〜と思いながら売っていました。お客様優先で店員が買えることはありませんでした。なので、バイトが休みの日にわざわざ買いに行っていました。

切り落としカステラの甘さは格別で、ときどき無性に食べたくなったりしたものでした。
今も、ときどき切り落としを買うことがありますが、あまりお目にかかれません。
ネットで、ザクザク長崎カステラ切り落としを購入できることを知りました。
全国菓子博覧会栄誉大賞を受賞したというこのカステラ。あとのせザラメでも話題です。
ザラメはあまり好きじゃないという人も気にいるという噂のこのカステラ。
1本1,556円(税抜)のカステラが切り落としで3本1,980円(税抜)のお得価格で買えるんです。
今なら送料無料ということです。

あま〜くておいしいカステラが食べたくなったときに、このカステラはいかがですか?
コーヒーや紅茶にも合いそうです。おやつタイムが楽しくなりそう
大人から子どもまでがおいしく味わえるから、子どもといっしょのママ友会におもてなしにもなりそう。
気のおけない友人やきょうだいにプレゼントしても喜ばれそう。切り落としだということをアピールしながら渡すのも楽しいかも。

このカステラの購入はこちら>>全国菓子博覧会栄誉大賞受賞!! 「ザクザク 長崎カステラ 切り落とし」




あまくてしっとりしたカステラが食べたい。
ザラメが大好き!
切り落としカステラを食べてみたい。
そんな方にオススメのカステラです。
購入は公式サイトから>>正規販売はこちらから


posted by チャオ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

到来物という向田邦子さんのエッセイや小説に惹かれて

向田邦子さんのエッセイ、シナリオ、小説が大好きです。
今もときどき、読み直しては、その世界に浸ります。
ことにエッセイに、到来物という言葉が出てきます。私はいただきもの、と言っていますが、到来物と行ってみたいと思うことがあります。なんと品がある言葉なんだろう、と惹かれるものを感じるからです。

到来物というキーワードを辞書で引いてみると、もらい物、頂戴物、よそからのもらい物、いただきもの、とあります。
なるほど到来物というと、突然やってきたいいものという風に聞こえてくるから不思議です。向田邦子さんが使う言葉だからそう感じるのか、どうだかわかりませんが。

今日こんなものをいただきました。
今日こんないただきものがありました、というより、今日の到来物です。というとなんだかとってもカッコイイ気がします。

このブログでたびたび向田邦子さんのことについて書いています。
私のつたなくて短い文章を読み、共感していただけたり、同じように向田邦子さんのファンであることをコメントしていただいたりすることがありとても嬉しく思います。

向田邦子 おいしいもの と検索すると8番目と9番目に
向田邦子さんの「う」の引き出し
向田邦子さんの「ままや」に行った話でつながることもあるbyツイッター

向田邦子さん おいしいもん 
向田邦子 おいしいもん 
で検索するとこのブログの記事がトップに出てくるってことがわかりました。
現在の時点で、上位4位がおいしいもんナビの記事であることにも驚きました。

向田邦子さんのおいしいものにまつわるあれやこれやをエッセイや小説でもっともっと読みたかったなあ、としみじみ思います。これからもときどき、向田邦子作品のことや、食べるものに関してのことを書いていきたいと思っています。

posted by チャオ at 00:30| Comment(0) | 向田邦子さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

釜飯の宅配 めちゃおいしそう! 

おいしい釜飯屋さんに出かけたことあります。
たしか東京浅草あたりに旅行に出かけたときでした。
もっとおかわりしたい! と思ったことを思い出しました。
あの釜飯の釜を持ち帰って家で作ってみたい、って思ったことも・・・。

釜寅という宅配があるのをご存知ですか?
思わず、食べてみたい! と思ってしまいました。
すぐにお店を検索してみました。
冬のおすすめ釜飯に思わず釘付けに。

icon
icon

うまさ際立つ釜寅のこだわりにもそそられます。
icon
icon
炊きたての釜飯を、まずはそのままのお味で、次にお好みで薬味をのせて、
〆は釜寅秘伝のおだしを注いで。
一度で三度美味しい、釜寅の味。一度味わってみたいものです。
思わず「食べたい!」 と声に出してしまいました。
関西方面での宅配展開、頼みます!
サイトを見ると、それぞれの地域のコーナーがあるので、やがては
宅配が始まるのだろうと期待して待つことにします。
ランチメニューや、デザートもおいしそう。
サイドメニューのおかずセットも必見!
※注文は1500円(税込)から可能で、もちろん送料は無料。

宅配御膳 釜寅

釜寅の釜飯、そのほか豊富なメニューを食べたいと思われたら>> 宅配御膳 釜寅
posted by チャオ at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅配 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする