2015年03月11日

 「 おいしいもん食べに行こ」 に、込められてる気持ちや思い

至らぬ私なのですが、お友達に恵まれ、支えられていると感じる今日この頃です。
失言も多く、日々反省の毎日ですのに、
なぜか笑い飛ばしてくれる仲間や年配の方々、年下の方々。
息子や夫、娘からは苦言をもらうことが多く、耳が痛いのですが、
こちらが真実なんだと、自らに言い聞かせております。

おいしいもんが大好きで、美味しいことに関することをブログにまとめたい、と
タイトルを「おいしいもんナビ」と名付けました。
若かりしころ、仕事で失敗をしたり、落ち込んだり、嫉妬したり、いろんな気持ちが
入り混じり、やるせない思いをしたとき、
いろんな友達が「おいしいもんでも食べに行こう」と言って
影になり日向になり、私を支えてくれました。
ちょっと落ち込んでいるな、と感じたら、さり気なくそう言って
楽しい時間を作ってくれる。
気がつけば「ま、ええか、明日もなんとか、生きていきまひょか」と
いう気持ちになってきている。
「また、おいしいもん食べに行こな」と言って別れるときには、
すっかり元気を取り戻せていたこともあったっけ。

「おいしいもん、食べに行きましょ」
今も、その言葉をかけあっている私です。
独身時代からの友人たちとも、結婚してからずっと会っています。
結婚してからも、ずっと独身の友人ともときどきは、おいしいもんを
食べに行ってお互いの近況を話したり、昔話に思い出をはせたり。

結婚し、子どもが生まれ、子どもとのかかわりが100%になっていた時期も
ありましたが、夫の理解もあり、そんなときでも、時々は気分転換をしたらいい、と
いうことで、やっぱりおいしいもんを食べに出かけることが出来ました。

子育て真っ最中に、ママ友達とも出会えて、これまた私の人生は大きく
広がっていったように思います。
幼稚園、小学校、中学校、高校・・・どの時代にもそれぞれにお友達ができました。
やはり皆さんと、おいしいもんを食べに行っています。

「おいしいもん食べに行こ」 というその言葉には
愛がいっぱいあふれていたんだ、と感じます。
若い時期に比べて、目くじら立てて怒り飛ばすことが減っています。
ニッコリ笑って、笑顔でおいしいもんを食べながら、
明るいほうに目を向け、まあそんなこともあるわいな、と
笑い飛ばしながらおいしいお酒もいただき、楽しく時間を過ごすことが
できたら、な、と思っています。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加中です。ポチッとよろしくお願いします。






posted by チャオ at 02:43| Comment(0) | エッセイもどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする