2017年02月20日

到来物という向田邦子さんのエッセイや小説に惹かれて

向田邦子さんのエッセイ、シナリオ、小説が大好きです。
今もときどき、読み直しては、その世界に浸ります。
ことにエッセイに、到来物という言葉が出てきます。私はいただきもの、と言っていますが、到来物と行ってみたいと思うことがあります。なんと品がある言葉なんだろう、と惹かれるものを感じるからです。

到来物というキーワードを辞書で引いてみると、もらい物、頂戴物、よそからのもらい物、いただきもの、とあります。
なるほど到来物というと、突然やってきたいいものという風に聞こえてくるから不思議です。向田邦子さんが使う言葉だからそう感じるのか、どうだかわかりませんが。

今日こんなものをいただきました。
今日こんないただきものがありました、というより、今日の到来物です。というとなんだかとってもカッコイイ気がします。

このブログでたびたび向田邦子さんのことについて書いています。
私のつたなくて短い文章を読み、共感していただけたり、同じように向田邦子さんのファンであることをコメントしていただいたりすることがありとても嬉しく思います。

向田邦子 おいしいもの と検索すると8番目と9番目に
向田邦子さんの「う」の引き出し
向田邦子さんの「ままや」に行った話でつながることもあるbyツイッター

向田邦子さん おいしいもん 
向田邦子 おいしいもん 
で検索するとこのブログの記事がトップに出てくるってことがわかりました。
現在の時点で、上位4位がおいしいもんナビの記事であることにも驚きました。

向田邦子さんのおいしいものにまつわるあれやこれやをエッセイや小説でもっともっと読みたかったなあ、としみじみ思います。これからもときどき、向田邦子作品のことや、食べるものに関してのことを書いていきたいと思っています。

posted by チャオ at 00:30| Comment(0) | 向田邦子さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: