2019年12月06日

忘年会、新年会、女子会、きょうだい会、ホットペッパーグルメで予約 ポイントもゲット!

忘年会や女子会、昼飲み会、おいしいもん食べながら色んな話をしたり、
笑ったり、大盛りあがりできたらいいですね。

どこのお店にしましょうか?
だいたい、いつもお店選びをする人が決まってきますね。
みんなの予定を聞き、人数を決定しお店を選び、予約する、
けっこう大変な作業です。

そんなお店選びをするときに、役立つのが ホットペッパーグルメ

最近、特に大活用させてもらっています。
ポイントもゲットできるのもうれしい!


今度、情熱ホルモンに行ってみようと思っています!

いつも、なんばの情熱ホルモンに行くんだけど、今度は梅田にくりだしてみる〜!




ラベル:大阪・梅田
posted by チャオ at 22:58| Comment(0) | 焼き肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

彩果の宝石というゼリー、とってもおいしい! 贈答にもおすすめ

ゼリーといえば、彩果の宝石です。
ビタミンカラーがカラフルでかわいい感じも好き。

なにより、おいしい!
自分でもパクパク食べてしまいますが、贈答用にも喜ばれます。

カラフルなこのゼリー、とってもジューシー。
小腹がすいた時のおやつとしても、ちょっと甘いものがたべたいな、というときにも

個包装されているので、お友達におすそ分けをしても喜ばれます。
贈答用としてもとても喜ばれます。
私もこのゼリーなら、いくらでもほしいなぁ。

娘と色んな味を楽しんでいます。
ついつい、何個も食べたくなってしまいます。

自分で買うときには、このバラエティーギフトを買いますが、贈答用には
たくさん入っているものや、缶入りのものがおすすめです。




いちごイラストがかわいい缶入りのものもあります。
ちょっとしたプレゼントにも喜ばれそう。



カラフルなビタミンカラーに元気がもらえそう!




お花見のときや、行楽でお出かけするときのおやつに持っていっても

とても喜ばれます。

特に女性に人気のお菓子です。


子どもたちにも、食べさせてあげたいちょっと上等(?)なお菓子です。


ラベル:贈り物
posted by チャオ at 21:48| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

ブログ移行のお知らせ

おいしいもんナビを読んでいただきありがとうございます。
おいしいもんの紹介を今後も、続けていきたいと思っています。

おいしいもんジャンルの大阪版を別ブログで展開したいと考えました。
タイトル半分そのままの別ブログ おいしいもんナビin大阪 です。
こちらのブログには、これからも、おいしいもんにまつわる記事をご紹介します。

大阪のおいしいもん、大阪にあるおいしいお店、と大阪にまつわる
おいしいもんのご紹介は、

   

このブログの大阪にまつわる記事は、新ブログに移行していきます。

どちらのブログでも、おいしいもんについて綴っていきますので、
これからもごひいきに、よろしくお願いいたします。

posted by チャオ at 00:06| Comment(0) | ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

作りおき出来てやせる? お弁当にも便利 役立ちそうな料理本

料理本が大好きで、料理本を見ては買ってしまいます。
なぜか、見るだけ。
見ていると、作るのがおっくうになってきてしまう、という厄介な性分。
そんな私が、これなら作れそう、と思い買ったのがこの本です。

お弁当も やせるおかず 作りおき 
お弁当も やせる 作りおき!帯あり.jpg

やせる、って本当に言い切れるの? と疑い半分。
どちらかというと作る気が起きるか。
簡単にらくちんに作れるかどうか?
なにより味がおいしいかどうか? 

私の料理本の決め手は、それ。
買っても作りたくなきゃ始まらないわけで・・・・

ページをめくると、運動ナシでやせた1年間と
体重キープ中のレシピをお弁当に というレポートが。

また、次のページには小さなお弁当箱よさようなら、といろいろ書かれています。
なるほど、どうやら、ほんとうに食べてやせることが目的の方に向けられた料理本のよう。
ちょっと興味がわいてきました。
買ってよかったかも。

早速作ってみました。
レシピはこれ!

塩から揚げ
塩から揚げ 写真.jpg

エリンギのじっくり炒め
エリンギのじっくり炒め 写真.jpg

ブロッコリーと卵のサラダ
ブロッコリーと卵のサラダ写真.jpg
とうもろこしの塩ゆでとトマトを添えてワンプレート皿に盛りつけました。
作りおき 作りました!.jpg

白ご飯のおかずになったのが、エリンギのじっくり炒めでした。
赤唐辛子はいれませんでしたが、しょうがが効いてとってもおいしく大満足でした。
大量に作っておいてもきっとあっという間になくなるんだろうな、と。
何回も作りたい、と思いました。
塩から揚げというよりは鶏肉の塩焼きという感じでした。
あっさりと、いただけました。
レモン果汁をふんだんにふって、いただきたいお味でした。

お弁当も やせる 作りおき! 裏表紙.jpg
裏表紙には、たくさんのお弁当の写真が!
こんなにレパートリーが増えるなら、お弁当のお楽しみも倍増しそうだし、
いろいろにアレンジして楽しめる料理満載のこの本、気に入りました!

料理本好きだけど、作るのが嫌い、という方におすすめです。
簡単に作れておいしい!
野菜がたくさん食べられるメニュー満載!
調味料がシンプルで作り方も簡単。


Amazonで購入する


楽天で購入する


お弁当もやせるおかず 作りおき: 朝つめるだけ、食べて減量! (小学館実用シリーズ LADY BIRD)





posted by チャオ at 23:44| Comment(2) | 料理本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

白ワインのような純米酒アロス。国産米をワイン酵母で仕込んだ新感覚味わいが粋

ワイン酵母仕込みの純米酒ARROZというお酒をご存知ですか?
国産米をワイン酵母で仕込んだ新感覚の純米酒です。
ARROZ(アロス)とは、スペイン語で「米」という意味なんだそうです。
和食・洋食どちらにも合わせられ、冷やして飲むが特にオススメです。

白ワインのような甘くて酸味のある味わいの中に、
米の旨味も感じられる今までにない不思議な味わいの純米酒です。
試飲させていただく機会があり、1本いただきました。
いただいたのは、300mlのかわいいサイズでした。
AROZ アロス 瓶.jpg
720mlもあります。

ラベルのデザインもシンプルで高級感にあふれています。
AROZ アロス パッケージ.jpg
記念日などハレの日の乾杯のお酒としても、贈り物にも喜ばれそう。


ワイン酵母仕込みの純米酒ARROZを飲んでみた!



冷やしてお飲みください、ということですが、常温でも飲んでみました。
うん、日本酒? ワイン? 日本酒好きにはどうだろう? 
好き嫌いがハッキリ別れてしまうかも。
ワイン好きには、これもアリと思ってもらえそうな気がします。
国産米をワイン酵母で仕込んだというところに惹かれます。
アルコール分が12度、本酒度で20〜-25度です。

AROZ アロス 原材料.jpg
サンドイッチやサラダにも合う味わいでした。

AROZ アロス 瓶 グラスに.jpg

冷やして飲むほうがおすすめ、ということで、冷やしていただきました。
うん、確かに冷やしていただいたほうが、グンとおいしい!
常温で飲んでしまったことを悔やみました。
冷やして飲むと、アルコール度数の高い白ワインって感じです。
AROZ アロス 冷やして.jpg
お刺身やお寿司も合いそう。

ワイン酵母仕込みの純米酒ARROZ 飲むタイミング提案



純米酒ARROZ(アロス)、食前酒にいかが?
梅酒を食前酒にしているなら、たまには違う食前酒はいかがでしょう。

女子会の話のネタにいかが?
こんなお酒があるのよ、と一本いかがでしょう。

ワイン好き、日本酒好きのお友達の贈り物にいかが?
いつもと違う味わいはいかがと提案してみてもよろこばれるかも。

家呑みお酒としていかが?
ビールの前に、あるいは後に、家呑みにちょっと変化を。
おつまみのレパートリーもちょっと増やしてみようかとやる気アップに。

いろんな生活シーンにARROZ‐アロス‐を。

ワイン酵母仕込みの純米酒ARROZを生み育てたのは釜屋


原材料は米だけなのに、飲んだ人は「これ日本酒?白ワインじゃないの?」と
疑うほど白ワインに近い味わい。

白ワインのような酸味と米の甘み、日本酒の旨味が絶妙のバランスで融合したこのお酒は
他にはないオンリーワン商品と釜屋さん自慢の逸品だということです。

釜屋は、寛延元年(1748年、江戸中期)創業、270年の歴史を持つ老舗酒蔵。
伝統を大事にし、丁寧な酒造りを心がける酒蔵です。
そんな中、常識にとらわれず新たな可能性にも挑戦しているんです。

ワイン酵母仕込み純米酒「ARROZ‐アロス-」、話のネタにも一度飲んでみてください。
ワイン酵母仕込みの純米酒というお酒を飲んでみたいと思われた方はぜひ、
ARROZ-アロスを飲んでみてね。

このお酒の購入はこちら>>国産米をワイン酵母で仕込んだ新感覚の純米酒。釜屋のARROZ(アロス)。








posted by チャオ at 14:23| Comment(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする